理事長 竹末 俊昭 
(元拓殖大学 工学部 デザイン学科 教授)
1947 姫路市生まれ、大阪育ち
1971 京都工芸繊維大学・工芸学部・意匠工芸学科
(プロダクトデザイン)卒業
1971 ㈱日立製作所・デザイン研究所(現・デザイン本部)入社。住宅設備、テレビ、オーディオのプロダクトデザインや商品企画を担当
1993 企画室長を経て
1996 情報事業本部・ビジネスシステム開発センターにてインターネット・ビジネスの企画開発のためニュービジネス事業化室々長を歴任。本社・営業統括本部にてビジネスリレーション推進本部を立ち上げ、新事業の推進に携わる
2001 ㈱日立製作所を退職
2001 拓殖大学工学部工業デザイン学科(現デザイン学科)教授就任
2017 同大学を定年退官
現在 一般社団法人 ファブデザインアソシエーション 理事長
地方独立法人 東京都産業技術研究センターエンジニアリングアドバイザー
京都工芸繊維大学 デザイン経営工学科・非常勤講師(事業企画論)
21世紀に入ってインターネットの普及により急激な高度情報化社会を迎えたが、 2009年ころからMITのニール・ガーションフェルド教授が提唱するFablabが世界中に展開され、 慶應義塾大学SFCの田中浩也准教授が日本初のFablab鎌倉を設立されました。 またクリス・アンダースン著のMAKERSも日本語版が発行され、ものづくりの概念が企業から個人の領域に拡大、変革してきています。
一方、2004年から夏山氏と共に拓殖大学・産学連携研究センターにて、 レーザー加工機によるレーザー・デザインフォーラム(LDF)活動を続けてきました。 この活動は、SNSの普及に伴い、便利で簡単に情報が得られる一方、とかく心の絆が希薄になってきていることの危機感から、 小学生から一般ユーザー、プロのユーザーに至るまで「モノづくりによる人と人との感動創成活動」を続けてきました。
2014年の4月には一般社団法人ファブデザインアソシエーション(略称FDA)を発足させ、ものづくりの啓蒙活動とともに、 地域の活性化を図るための絵本出版や地域コミュニティの啓蒙活動など幅広い活動を展開しております。

会長 夏山 一彦
株式会社 LDF CEO
1949 神戸市生まれ。
早稲田大学卒業。
光・レーザー関連商社愛宕物産㈱(後に㈱ホリバに吸収合併)でシステム開発部長兼外国部次長としてレーザー技術、営業経験を研鑚。
1991 中沢商会㈱に常務として入社を皮切りに欧米レーザー彫刻機メーカーの国内での普及に奔走し、様々な業界及びユーザーと人的ネットワークを構築。その間、「レーザー彫刻機はツールでしかない」という視点から、レーザーアプリケーション研究会を主宰し、レーザー加工機のアプリケーションにも注力した。
2009 拓殖大学工学部デザイン学科竹末俊昭研究室との共同研究で「レーザー・デザインフォーラム」を創設。アプリケーション開発や青少年ものづくり教育支援を通して教育界でも人的ネットワークを広げる。
2012 レーザー・デザインフォーラムの事業会社として設立した株式会社LDFのCEOとして就任。
現在 2014年5月、レーザー・デザインフォーラムを一般社団法人ファブデザインアソシエーションとして法人化し、会長に就任。
FDAの前身である「レーザー・デザインフォーラム」での活動では、青少年から教育関係者まで多くの方々とかかわり、ものづくりの面白さを体験し又、広めてきましたが、FDAでは、価値観を共有できる仲間と、より具体的に社会に提案し、みんなが自己実現できるしくみづくり、「場」づくりをおこなっていきたいと思っています。

FDA理事

大熊 信良

株式会社 實門堂 代表取締役

 

◆業種・仕事内容
印章製造販売、名入れ加工
◆生まれ年
1954(昭和29年)
◆出身地、所属団体、受賞歴等
神奈川県横浜市、神奈川県印章業組合連合参与、厚生労働大臣一級技能検定取得
◆お住まいの区・市町村
横浜市金沢区
◆いま興味があること
富士山の大噴火
◆趣味、スポーツ
日曜大工、スキー、ダイビング
◆座右の銘
「桃李言わざれども 下自ずから蹊を成す」史記
◆好きな作家・クリエイター・アーティスト等
松本清張、矢沢永吉
◆FDAと関わったきっかけ
約30年弱前、夏山社長からレーザー機導入した時
◆FDAでやってみたいこと

▲店舗外観

▲レーザー加工コンテスト出品作品

 


FDA理事

谷上久彦(通称名:憲司)
株式会社 サーパスデザイン 代表取締役

◆業種・仕事内容
広告業 サイン企画制作 サインコンサルティング 
◆生まれ年
1954(昭和29年)
◆出身地、所属団体、受賞歴等
長野県安曇野市生まれ 小金井倫理法人会ほか
◆お住まいの区・市町村
小金井市梶野町
◆いま興味があること
小金井市梶野町
◆趣味、スポーツ
映像(ドキュメント等)鑑賞 散策
◆座右の銘
常居基全(じょうきょきぜん)
◆好きな作家・クリエイター・アーティスト等
辻井伸行氏
◆FDAと関わったきっかけ
竹末、夏山両氏の勧誘
◆FDAでやってみたいこと
同一題材の老若男女のものづくり差異の発見

▲会社外観


FDA理事
加藤耕誠
加藤耕房グループCEO
(加藤耕房有限会社代表取締役、株式会社ビューティージュエル代表取締役、 有限会社テラ・アクア総合研究センター取締役、 ユニ・ハーベスト株式会社相談役)

◆業種・仕事内容
印章製造販売、不動産管理仲介売買、ビルメンテナンス、エステサロン、接骨院、教育事業など 
◆出身地、所属団体、受賞歴等
埼玉出身 川口商工会議所鳩ヶ谷ブロック会副会長 

公益社団法人川口法人会常任理事兼税制委員長兼副支部長兼青年部会顧問 

川口市消防団部長(埼玉県消防協会2等功労章・3等功労章・機関技能章)
◆お住まいの区・市町村
川口市
◆いま興味があること
Winery
◆趣味、スポーツ
バイクツーリング(ワインディングが好きなので、世界のアルプスを駆け巡り中)、

スキー(特に新雪でのヘリスキー)、ドライブ、キャンプ、楽器(ウクレレ・三線・パーカッション)、

スキューバーダイビング
◆座右の銘
至誠天に通ず 塵を払い垢を除かん
◆好きな作家・クリエイター・アーティスト等
音楽にジャンルはない、出会って心に感じたものを素直に受け止める

◆FDAと関わったきっかけ
レーザーを購入
◆FDAでやってみたいこと
自分探し(例え医者や弁護士、スポーツ選手を目指してもそれは、10代で思い描いた目標であり、

今更一生の仕事にする必要もないのだろう。私は農家の跡取りとして生まれ、

自由な職業選択をさせてもらえない立場にいた。しかし時代も変わり、

息子が後継者として活躍するようになった今だから、いつまでも私が跡取り面をする必要は無くなった。

50を過ぎたのだから、もう死んだも同然、後半の人生ぐらいファンキーに生きたい。

昔の倍の寿命になった現代では、若いときに苦労しても、50までに子供を成人させて、

経済の基盤を作れば、50から新たな人生を思い描いてもいいだろう。20代で取った資格を

70・80まで引きずる必要もない。そんなことにいつまでも固執しているから、

晩年になって貧乏になったり惨めな思いをするのだろう。

三浦雄一郎じゃないけど「人生はいつもこれからだ」


FDA理事
雨宮達也
株式会社 中央建設 代表取締役


◆業種・仕事内容
建設業 建築・土木請負い 
◆お住まいの区・市町村
茨城県鉾田市在住・時々表参道
大学通学の為表参道に賃貸マンションを借りてます。  
◆いま興味があること
おもしろい素材探し
◆趣味、スポーツ
ものづくり・cad・建築CG
◆座右の銘
愚痴はこぼしても酒はこぼすな(笑)
◆好きな作家・クリエイター・アーティスト等
zaha hadid(建築家)・Frank Gehry(建築家)
◆FDAと関わったきっかけ
「もっと自分の強みを活かして社会の役に立ちたい!」
と思って自分に何ができるかを考えていたときに、
夏山会長と出会い誘っていただいたのがきっかけです。
◆FDAでやってみたいこと
大きいものから小さいものまでやりたいことを
皆さんとチャレンジしていきたいです。




FDAプロデューサー
U-suke

イラストレーター・絵本作家


◆業種・仕事内容
キャラクター、挿絵、イラスト、オリジナル絵本作品の製作。
【著作】「ちょんまげ課長」(主婦と生活社・2007)「Moley」(ワニブックス・2007)
「くろとん ジェットイルカとほしりょこう」(保育社・2016)「ザキはん」(扶桑社・2017)

「プロペラちどり」(フレーベル館2018)
◆お住まいの区・市町村
三鷹市 
◆出身地、所属団体、受賞歴等
三重生まれ千葉育ち。
・オーストラリア「Illustre展」最優秀賞受賞(2002)
・「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」入選(2015)
◆いま興味があること
古典落語
◆趣味、スポーツ
音楽、読書
◆座右の銘
すべり台は登ってる時が一番楽しい
◆好きな作家・クリエイター・アーティスト等
手塚治虫、つげ義春、David Lynch
◆FDAと関わったきっかけ
井の頭ARTMARTで夏山会長と出会いました。
◆FDAでやってみたいこと
お土産・グッズ製作・イベントなど。

▲「くろとん」(保育社刊)

▲「ザキはん」(扶桑社)